メニュー

眼瞼(睫毛)内反症 Entropion

内反症は「逆さまつげ」のことで、まつげが何らかの影響で黒目(角膜)に接触してしまう状態を指します。角膜が傷がつき、ゴロゴロといった異物感や、充血などを生じます。傷がより悪化してしまうと、視力低下や眩しさの原因となるだけでなく、角膜感染症やアミロイド沈着といった疾患に繋がり、特に小児では屈折性弱視の原因になる可能性があり注意が必要です。

眼瞼内反症

まつげだけでなく、まぶた全体が内側を向いてしまう状態です。加齢によって、下まぶたを支えている組織やまぶたを閉じる筋肉が緩んでしまったり、まぶたの皮膚がたるんでしまうことが主な要因となります。70歳代の約3%、80歳代の約5%の方に認めます。

睫毛内反症

乳幼児においてまぶたの向きが正常にも関わらず、下まぶたの皮膚や皮下脂肪が過剰なことが原因です。

治療

1.眼瞼内反症 当院・連携施設で対応可

軽度の場合は糸を通すだけの手術(埋没法)を、中等度あるいは重度の場合皮膚を長く切る手術(Jones変法、Lateral tarsal stripなどの切開法)があります。

2.睫毛内反症 連携施設で対応可

軽度の場合は埋没法を、中等度あるいは重度の場合は切開法(Hotz変法)を施行します。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME